弁護士 上原城 和泉橋総合法律事務所 特別養子縁組・代理母・胎児認知・出生届・スクールロイヤー

全国対応
事前ご予約で土日祝・夜間も対応

お気軽にお問い合わせください

03-3526-4651

School Lawyer
代理母
特別養子縁組制度

特別養子縁組・代理母

生みの親との親子関係を断ち、子どもの最善の利益のために、育ての親と新しい親子関係を結ぶ縁組

「子どもの年齢 15歳未満」は令和2年4月1日から施行されます。

胎児認知・出生届・戸籍登録の手順

海外での代理出産では通常の出生届けは受理されません。

①子の出生前に、日本人父が胎児認知をする。
※胎児認知をすることにより、胎児認知をすることにより、父子関係が生じます。その結果、子は日本国籍を取得することになります。
②出生後、日本国内の役所へ非嫡出子(法律上で婚姻関係を結んでいない男女の間に生まれた子)として出生届を提出します。
※出生届を出し、日本の戸籍に反映されなければ、パスポートを取得することができません。
③帰国後、特別養子縁組をすることにより、母子関係も生じます。

スクールロイヤー制度とは

スクールロイヤーとは学校で起こるいじめや保護者とのトラブル等を法的に解決する弁護士のことです。
制度の概要として法律の専門制を活かし弁護士が学校において法的側面からのいじめ予防教育を行い学校内で問題が起きた際に教育委員会との連携のもと、学校に弁護士が派遣される制度をスクールロイヤー制度と言います。