弁護士 上原城 和泉橋総合法律事務所 特別養子縁組・代理母・胎児認知・出生届・スクールロイヤー

全国対応
事前ご予約で土日祝・夜間も対応

お気軽にお問い合わせください

03-3526-4651

新着情報

News

HOME > すべての記事 > 代理母 > 遺伝上の親知る権利保障を

遺伝上の親知る権利保障を

 

第三者が提供した精子や卵子を用いた生殖医療で生まれた子どもが遺伝上の親を知る権利の保障を求め、日弁連が30日、都内で集会を開いた。超党派の議員連盟が子どもが出自を知るには提供者の同意を必要とする新法骨子案をまとめたことを受け、当事者らは「出自を知る権利は子どもの権利で、提供者の意思によって左右されるものではない。情報開示に了承した人のみが提供者になるべきだ」と訴えた。

 

当事者の石塚幸子(いしづか・さちこ)さんは23歳の時、提供精子で生まれたことを母親から初めて知らされた。「親のうその上にこれまでの人生があったように感じてしまった。精子という物ではなく実在する人がいたから自分がいることを実感したいので提供者を知りたい」と話した。

 

また不妊治療の当事者で提供精子を利用する親の会の事務局を務める清水清美(しみず・きよみ)・城西国際大教授は「会の参加者の7割は子どもへの告知を考えているが、残り3割は周囲や社会の心ない言葉から子どもや家族を守るために告知したくないと考えている」と紹介。「社会の支えなど親が子どもに告知できる環境整備が必要だ」と強調した。